Accessibility
Skip to Content

社員への「禁煙奨励制度」から、早一年。白熱する総選挙に向けて、トリンプでは"禁煙"を宣言します!! 『トリンプ 禁煙マニフェスト ブラ』

"天使のブラ""恋するブラ"でおなじみ、女性インナーウェアメーカー、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:吉越浩一郎、資本金:26億円)では、ここ最近の禁煙運動の広がりの中、"香り"で禁煙する人を応援するインナーウェア『トリンプ 禁煙マニフェスト ブラ』(※非売品)を製作、来たる11月5、6日に開催されるトリンプ2004年春夏新製品展示会(会場:東京都大田区平和島 東京流通センター)で公開します。



不思議な"禁煙"の香りで、タバコがみるみる吸いたくなくなる!?

 

"禁煙"の香りで、タバコが吸いたくなくなる!?
社員の禁煙を奨励するユニークな社内制度のトリンプが、今度は社会に向けて、"禁煙宣言"を発信します!

「タバコは万病のもと」。千代田区をはじめとする路上禁煙条例や、受動喫煙の防止をうたう健康増進法の施行など、禁煙運動が全国的な広がりを見せる中、健康への影響を考え、禁煙にトライしようとする喫煙者は今後ますます増えていくと考えられています。トリンプでも、2002年から禁煙を宣言すれば、その社員の家族に特別ボーナスを支給する「禁煙奨励制度」を実施し、最近の禁煙運動に先駆けて、社員の健康管理と健全な職場環境に常に配慮してきました。
毎年、その時々の時勢に合わせたユニークなブラジャーを製作しているトリンプでは、自社社員にとどまらず、タバコをやめることによって、より多くの人に健康で快適な毎日を謳歌して欲しいという願いから、迫り来る総選挙に合わせ、禁煙する人を応援する『トリンプ 禁煙マニフェスト ブラ』を製作しました。

タバコのニオイがつきにくく、着けているだけで禁煙ができる不思議なインナーウェア
ブラジャーのカップからパッドを取り出すと、禁煙を宣言した"メッセージマスク"に早変わり!!


胸の谷間の部分は、禁煙を応援するための香り入りのカプセルが装着でき、その日の気分でカプセルを選べます。カプセルの中身は2種類で、ラベンダーの香りは禁煙中のイライラ感を和らげ、ジャスミンの香りはタバコの味を嫌なものに変えて、タバコがおいしいと感じにくくなります。
また、タバコの煙がつきやすいブラジャーとショーツの表側の身生地には、インナーウェア業界初の試みとなる、タバコの嫌なニオイを化学的に分解する働きの酸化チタンを液状にして後加工。禁煙中には気になるタバコのニオイを元から分解します。
胸をボリュームアップする付属のパッドは、取り外すとタバコの煙を防ぐ"メッセージマスク"に変身。また、ブラジャーの背部とショーツのサイド部分には、タバコをくわえた唇のワンポイント付き。タバコの煙をイメージした光沢のあるシルバーグレーのブラジャーとショーツは、タバコの先端からモクモクと立ち上る煙をイメージしています。さらに、ブラジャーのデザインには、2003年秋冬シーズンの「天使のブラ」で採用され、大好評を得ている"3本目のストラップ"を使用。肩ひもなしでも谷間はきれいなままで着用できます。

この『トリンプ 禁煙マニフェスト ブラ』は、2003年11月5日~6日の2日間、東京都大田区平和島/東京流通センター内で開催される、トリンプ2004年春夏新製品展示会で公開します。
試作品として開発されたため、発売の予定はありません。

『トリンプ 禁煙マニフェスト ブラ』仕様

■構想・製作日数
約6ヶ月間

■サイズ
B75

■特 徴
★ブラジャーとショーツの表側の身生地に、タバコの嫌なニオイを分解する酸化チタンを液状にして後加工
★カップ中央には、香り入りのカプセルが装着(2種類)
   ジャスミン・・・タバコの味を嫌なものに変える
   ラベンダダー・・・鎮静効果で禁煙中のイライラ感を抑える
★パッドを取り外すと、煙を防ぐ"メッセージマスク"に早変わり
★「天使のブラ」でお馴染みの"3本目のストラップ"を採用

Content navigation

Site-Info