Accessibility
Skip to Content

メガネで21世紀が見えるかもしれない!?               「21世紀が見える?メガネ」登場              ~政治家の皆さん、このメガネで21世紀をのぞいてみては?~

"天使のブラ""恋するブラ"でおなじみ、女性インナーウェアメーカー、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都大田区)では、21世紀を直前に控えて、ブラジャー型メガネを制作。「21世紀が見える?メガネ」を発表しました。

コンピューターの登場、そしてインターネットの普及で世界中の様々な情報が誰にでも簡単に入手出来る現代。過去と現代は何とか把握できる、しかしたとえ1秒でも「未来」の事は誰にも予測できないのです。女性のインナーウェアファッションのリーディングカンパニーであるトリンプでは、極僅かでも"未来を見ることができれば"との願いを託して「21世紀が見える?メガネ」を作成しました。



レンズの向側に、かすかに見えるものは何?

21世紀を直前に控えて、日本は長期化する景気の低迷、高齢化社会の到来、環境問題の深刻化など何かと暗い話題が先行しています。今回制作した「21世紀が見える?メガネ」はレンズ部分にエンブロイダリーレースを使用しているため、通常のメガネとは全く異なった世界が展開します。もしかしたら誰も知らない"未来"が見えるかもしれません

先行きが見えにくいこのご時世、明るい"未来"を一早く察知したいのは、迷走を続ける政治家の方々かもしれません。

Content navigation

Site-Info