Accessibility
Skip to Content

NASAが実際に宇宙船内用に使用している宇宙服の素材をブラジャーに採用。 安全で快適な宇宙旅行への誘い 『トリンプ21世紀宇宙旅行ブラ』登場!!

"天使のブラ""恋するブラ"でおなじみ、女性インナーウェアメーカー、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都大田区)では、スペースシャトル100回目の飛行を記念し、来るべき宇宙旅行時代に対応したインナーウェア、『トリンプ21世紀宇宙旅行ブラ』を開発(非売品)。日本人宇宙飛行士が初めて国際宇宙ステーションの組み立てに参加し、見事な活躍をしたことで再び宇宙への注目が集まる中、21世紀本格的な宇宙旅行時代を感じさせるインナーウェアです。



モデル:2001年 トリンプ・キャンペーンガール 吉岡 美穂

 

21世紀、一般の庶民誰もが宇宙旅行に行ける時代に対応する、画期的な、夢のブラジャーがデュポン社の協力を得て完成。

国際宇宙ステーションの建設が着々と進む中、21世紀中には、宇宙旅行がもっと身近な存在となり、「誰もが海外旅行感覚で宇宙への旅を楽しめる時代」となることへの期待が高まっています。そうした誰もが持っている宇宙への夢を、一歩実現に近づけるべく、インナーウェアメーカートリンプは、NASAの宇宙船内用宇宙服に使用されているものと同じ素材を使用した夢のブラジャー、「トリンプ21世紀宇宙旅行ブラ」を開発いたしました。

あらゆることを想定した、危機管理に優れたブラジャー。

2000年はあらゆる場面で、"危機管理"の問題が日本中を震撼させた一年でしたが、21世紀も、様々な"危機管理"に直面しそうな気配です。地球に限らず、宇宙においてもその必要性は高まってくるのではないでしょうか。そこでトリンプでは、安全で快適な宇宙旅行を実現する!?「トリンプ21世紀宇宙旅行ブラ」を開発しました。素材には実際にNASAの宇宙船内で使用している宇宙服の素材である、デュポン社のノーメックスを使用しています。宇宙船内用として開発された素材であるため、"難燃性(耐熱防炎機能)"に優れ、さらに軽くて強い性質を持ち、耐薬品性にも優れています。NASAが実際に宇宙船内用の宇宙服として採用しているものには、オレンジとブルーの2色がありますが、「トリンプ21世紀ブラ」は、宇宙をイメージさせるブルーを採用しました。

ブラジャーのカップ部分に広大な宇宙をイメージさせる星のデザインを入れるなど、デザインにもこだわり を見せています。ブラジャーの上カップ部に発光素材を使用しています。非常時にカップ上部の発光素材が点滅し、照明として機能したり、モールス信号にも役立つ危機管理にも十分に対応可能なブラジャーとなっています。

この『トリンプ21世紀宇宙旅行ブラ』は、2000年11月8日、9日の2日間、東京:大田区/流通センター内で開催される、トリンプの2001年春夏新製品展示会で公開されます。試作品として開発されたもののため発売の予定はありません。

トリンプ「21世紀宇宙旅行ブラ」仕様

■製作日数
約6ヶ月

■サイズ
B75

■素材
ノーメックス(※)

■デザイン上の特徴
動きやすいこと、ブルーを基調に、宇宙をイメージさせる星を採用。

■製作上の工夫
発光素材の配置とバッテリースペースの確保

※"ノーメックス"は米国デュポン社の登録商標です。

Content navigation

Site-Info