Accessibility
Skip to Content

『トリンプ 投票率UP!ブラ』発表

今年は絶対選挙に行こう!!
トリンプ「投票率UP!ブラ」
~投票率アップでバストもボリュームUP!?~
バストも国民の関心もググッと“寄せ上げる”、選挙盛り上げブラ登場!!

 
“天使のブラ”“恋するブラ”でおなじみ、女性インナーウエアメーカー、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都大田区平和島6-1-1、代表取締役:クリスチャン・トーマ、資本金:26億円)では、4月22日の統一地方選挙が一段落し、いよいよ7月に参議院選挙が迫る今、国民の選挙への関心を高め、1人でも多くの人に投票所へ足を運んでもらおうと祈念した特製ブラジャー、トリンプ「投票率UP!ブラ」を制作。5月9日に開催されたトリンプ2007年FWトリンプコレクション(会場:東京都大田区平和島・東京流通センター)にて公開されました。

 


深刻な国民の選挙離れや低い投票率はブラで解決!?


2007年は東京都や政令指定都市での知事選挙をはじめ、統一地方選挙、参議院議員選挙など、いままでにない選挙ラッシュの年。時局を左右する選挙ということで、与野党入り乱れての積極的な活動が展開されています。一方で、30年前には平均でおよそ70~90%台であった投票率も、近年は軒並10~30%近く下がっており、国民の選挙離れ・政治離れは悪化の一途をたどっています。政府も事態を深刻に受け止め、国民の参加を促そうと必死です。
そこでトリンプでは、来る7月の参議院議員選挙を前に、多くの人が選挙に関心を持ち、投票所に足を運んでもらい、投票率アップの一役を担いたいとの思いからトリンプ「投票率UP!ブラ」を製作しました。
(投票率推移については、統一地方選挙投票率推移を参照の上での、あくまでも推測データです。あらかじめご了承ください)

 


イメージはスバリ、投票箱!
重々しい箱がキュートなブラジャーに変身?!


トリンプ「投票率UP!ブラ」は、投票箱をイメージしてデザインされています。本物の投票箱のようなシルバーの光沢素材にビスを散りばめたビスチェタイプのブラジャーで、前身頃のカップ下には、実際に投票用紙が入る投函口が付いています。もちろん投票率アップとともにバストもボリュームアップ出来るよう、パッド入り。
また、セットで製作したボトムは巻きスカートになっており、本物の投票用紙と同じ特殊素材『ユポ®紙』(ポリプロピレン樹脂を主原料としたフィルム法合成紙。水・油・薬品に強く、引っ張り、折り曲げ、衝撃などに強いのが特徴。折り曲げて投票箱に入れてもなかで広がるので、開票スピードが大幅に短縮され、即日開票の実現に貢献したといわれている)を投票用紙と同じデザインに仕上げてフリルのように縫い付けました。動くとひらひらと揺れるシルエットは、まるでドレスを着ているよう。ウエストには投票用紙に記入するための鉛筆を入れることができるペンケース付きで、全体的に可愛らしい印象に仕上げました。
毎日身に着けている下着のように、選挙や政治をもっと身近に感じて欲しい。「投票率UP!ブラ」には、そんな思いが込められています。

 

トリンプ 「投票率UP!ブラ」の仕様は以下の通りです。

 


トリンプ 「投票率UP!ブラ」(非売品)
■ 構想・製作日数 : 約3ヶ月
■ 特   長:
・ 投票箱をイメージしたブラジャーの素材はアルミをイメージしたシルバーの光沢素材
・ 前身頃のカップ下には投票用紙を投函できる投函口付き
・ ブラジャーはパッド付きでボリュームアップ可
・ ボトムは投票用紙と同じ特殊素材『ユポ®紙』(ポリプロピレン樹脂を主原料としたフィルム法合成紙。水・油・薬品に強く、引っ張り、折り曲げ、衝撃などに強いのが特徴。折り曲げて投票箱に入れてもなかで広がるので、開票スピードが大幅に短縮され、即日開票の実現に貢献したといわれている)を投票用紙と同じデザインに仕上げてフリルのように縫い付けた巻きスカート風
・ ウエストには投票用紙に記入するための鉛筆を入れることができるペンケース付き

Content navigation

Site-Info