Accessibility
Skip to Content

『トリンプ 女性維新ブラ』発表

世相を反映させたユニークなブラジャー 最新作
あらゆる分野で活躍する女性を称え、エールを送る!
トリンプ『女性維新ブラ』
男性社会で活躍する女性鋳物(いもの)職人・
女性鍛冶(かじ)師とコラボレーション!

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区築地5-6-4、代表取締役社長:土居健人、資本金:26億円)では、毎年その年の時流や話題をテーマに、自由な発想でつくられたオリジナリティ溢れる デザインのブラジャーを発表しています。
今回は、先進国の中で経済、教育、政治、健康における男女平等度が最も低いと評価された日本において、スポーツや芸術をはじめ世界的な活躍がめざましい日本女性に着目。男性社会でがんばる女性鋳物職人と女性鍛冶師の方々とのコラボレーションを実現し、厳しい社会に果敢に挑む日本女性を称え、エールを送る、トリンプ『女性維新ブラ』(非売品)を製作。2012年11月13日・14日に浜離宮三井ガーデンカンファレンスRoom4にて公開します。

 

日本女性の活躍を応援!
男性が多い職人社会に果敢に挑む女性職人の感性と技で
繊細で美しく、これまでにないユニークな下着を製作

「維新」という言葉が注目された2012年。折しも、2012年は女性戦士ジャンヌ・ダルク生誕600年にあたり、2013年は「幕末のジャンヌ・ダルク」「ハンサム・ウーマン」と言われ、自由な生き方が現代女性をも魅了する新島八重を主人公にした大河ドラマが始まります。しかし、世界経済フォーラム*が発表した今年の男女平等度ランキングで、日本は先進国中最下位という評価がでており、日本の社会における女性の立場はまだまだ厳しいのが現状です。そこで今回はそんな社会で果敢に挑む女性たちの「革命・維新」をテーマに、男性社会で活躍する女性職人とのコラボレーションを実現。女性ならではの感性と技術で仕上げられたそれぞれの作品と下着の融合であらゆる分野で活躍する日本女性を称え、エールを送る、トリンプ『女性維新ブラ』を製作しました。

*世界経済フォーラム
本部ジュネーブ。ダボス会議主催で知られる非営利財団。
男女平等度ランキングは10月24日に発表され、135ヵ国が対象(日本101位)。

 

女性鋳物(いもの)職人の杉原優子(すぎはらゆうこ)さんによる
桜をモチーフにした自在に曲がるカップのブラジャー
女性鍛冶(かじ)師の岡本友紀(おかもとゆき)さんによる
桜の葉や枝をイメージした「維新」の文字がおなかをシェイプ


トリンプ『女性維新ブラ』は、ブラジャーのカップ部分に鋳物職人集団「能作」でただ一人の女性鋳物職人・杉原優子さんが型から製作した錫(すず)製の曲がるカップを使用。バストの丸みに合わせて曲がり、どんな女性のバストにもジャストフィットします。カップデザインは、日本女性をイメージした桜の花びらをモチーフにしたオリジナルデザイン。花びらがつながった透かし仕上げは、女性職人ならではの繊細でエレガントなデザインです。
また、ブラジャーのおなか部分は、女性鍛冶師としてアトリエを構えて活躍中の岡本友紀さんが軟鉄から製作した作品をおなか押さえとして採用。ブラジャーのカップに合わせて桜の葉や枝をイメージしてかたどられた「維」と「新」の文字がデザインされており、2つ並べると「維新」が完成します。さらにブラジャーのストラップにも岡本友紀(おかもとゆき)さんオリジナルデザインの桜のチャームを使用。硬質なイメージの金属で優美な世界を創り出す女性ならではの感性で仕上げられた作品で、社会で戦う女性の鎧(よろい)を表現し、頑張る女性にエールを送ります。
また、ブラジャーのサイドにはミラー櫛(くし)を装備。バストを脇から寄せてボリュームアップし、社会で戦いながらも美しさを忘れない女性たちを応援します。

 

ボトムは、和装から洋装への
服装革命を表現したリバーシブルスカート
鍛冶師の岡本友紀さんデザインの
桜モチーフの飾りが日本女性の凛とした美を表現

ボトムは、着物風とドレス風になるリバーシブル巻きスカート。和装から洋装へ、明治維新を機に女性の意識やライフスタイルに大きな影響を与えた服装革命を表現しました。巻きスカートの留め具には女性鍛冶師の岡本友紀(おかもとゆき)さんオリジナルデザインの桜のチャームを飾り、日本女性の凛とした美しさを表現しています。
ベースカラーにはピンクとブルーを採用。愛や幸せをイメージするピンクで女性の包容力を、知性・誠実・清潔をイメージするブルーで、女性の凛とした芯の強さを表現しました。

 

トリンプ 『女性維新ブラ』(非売品)

■ 構想・製作日数 : 約6ヶ月
■ 特長 : 

  • 男性社会で頑張る女性職人とのコラボレーションにより製作。

  • ブラジャーのカップ部分は、女性鋳物(いもの)職人・杉原優子(すぎはらゆうこ)さんが型から製作した錫(すず)製の曲がるカップ。バストの丸みに合わせて曲がり、どんな女性のバストにもジャストフィットする。桜の花をモチーフにしたオリジナルデザイン。

  • おなか部分は、女性鍛冶(かじ)師・岡本友紀(おかもとゆき)さんが軟鉄で製作した桜の葉や枝をイメージしてかたどられた「維」と「新」の文字飾りがおなかをシェイプ。2つ並べると「維新」の文字が完成。

  • ブラジャーのストラップには女性鍛冶師・岡本友紀(おかもとゆき)さんオリジナルデザインの桜のチャームを使用。

  • ブラジャーのサイドにはミラーと櫛(くし)を装備。バストを脇から寄せてボリュームアップし、社会で戦いながらも美しさを忘れない女性たちを応援。

  • ボトムは着物風とドレス風になるリバーシブル巻きスカート。和装から洋装へ、明治維新を機に女性の意識やライフスタイルに大きな影響を与えた服装革命を表現。

  • 巻きスカートの留め具として女性鍛冶師・岡本友紀(おかもとゆき)さんオリジナルデザインの桜のチャームを使用。

  • ベースカラーは愛や幸せをイメージするピンクで女性の包容力を、知性・誠実・清潔をイメージするブルーで女性の凛とした芯の強さを表現。

 

 

参考資料

<女性職人紹介>


女性鋳物職人・杉原優子(すぎはら・ゆうこ)

石川県金沢市出身。
平成19年株式会社能作入社。以来同社で唯一の女性鋳物師として活躍中。
女性ならではの感性と卓越した技術で、繊細で優美な作品を生み出す。

株式会社能作
大正5年創業。江戸時代、加賀藩が興した「高岡銅器」(現在の富山県高岡市)の流れをくむ。高岡の地に400年に渡って伝わる鋳造技術を用い、仏具・茶道具・花器の製造から始まった能作は、卓越した職人集団として、素材特性を最大限に引き出すべく様々な鋳造方法・加工技術を駆使し、鋳物の可能性を拡げ続けており、現在では風鈴、テーブルウエア、インテリア・照明器具、建築金物など幅広い製品を提供。近年は伝統技法に加え、シリコン鋳造法を開発し、新業種として医療分野も手掛ける。また、国内外のデザイナーとの積極的なコラボレーションを展開し、アートとしての鋳物製品を世界に発信している。
代表者:能作 克治
   URL:www.nousaku.co.jp


女性鍛冶師・岡本友紀(おかもと・ゆき)

島根県松江市出身。
広島県にてアトリエ「la forgerone」を構える。
鉄を素材としたインテリア照明、ファニチャー、飾り建材(窓飾りや階段、扉装飾など)、アートオブジェなどの作品を手掛ける。女性ならではの感性で、繊細で優美、かっこよくて色気を持つ作品を制作。個展開催や作品カタログ出版など、国内外でも珍しい女性鍛冶師でありアーティストとして活躍中。
2011年には資生堂のCMに起用された、今注目の女性職人。
URL:
http://forgerone.com

    Content navigation

    Site-Info