Accessibility
Skip to Content

環境への取り組み

3R活動

トリンプ静岡センターでは環境方針に基づき、Reduce(削減)Reuse(再利用)
Recycle(再生利用)Energy Saving(省エネルギー)各方面から環境への配慮を考え、
以下9項目を目標とし活動しています。

①電力使用量削減
②OA用紙使用量削減
③水使用量削減
④廃棄物削減
⑤廃棄物リサイクル化
⑥グリーン購入推進
⑦環境活動の実施
⑧環境に関する提案の提出
⑨環境教育の実施

また、取り組みに対する意識を全スタッフに浸透させるための教育と、定期的なパトロールによる実践度のチェック、
及び社内の様々な場所での掲示・表示による呼びかけにより、意識の向上を図っています。


■Reduce(減量する)
電力使用量削減

必要箇所のみ点灯▼


廃棄物削減

                       ▼ゴミの分別と計量廃棄量を意識し
▼MY箸・MYカップ              Reduseを促進します



Reuse(再利用)
廃棄物のリサイクル化




Recycle(再生利用)
廃棄物のリサイクル化

▼分別することで、資源になります


工場緑化の推進

トリンプ静岡センターでは、開業から2年後の1997年より、「森の中の工場」をコンセプトに、専門家の指導のもと、混植・密植型植樹による植樹計画を開始しました。
工場敷地外周部に、土地本来の潜在自然植生構成種であるタブノキ、アラカシ、スダジイ、クロガネモチなどの苗木を、近隣住民を含む延べ約1,500名により、3年間で20,140本植栽。
現在は、4~5mほどに成長しています。

また、そのほかにも様々な環境活動に取り組んでいます。
⇒詳しくはコチラ

2013年日本緑化センター会長賞受賞工場として表彰されました。


Site-Info