Accessibility
Skip to Content

Triumph.comeプロジェクト

『Triumph.comeプロジェクト』とは、田植えから収穫まで稲作体験する従業員参加型の環境活動です。 トリンプ静岡センターでは従業員が直接自然に触れ、その素晴らしさを感じ、収穫の悦びを分かち合うことによって「モノ作り」の原点を実感するとともに、長期にわたり環境を考え、実践する機会を提供し、一人ひとりの環境意識の醸成を図ることを目的としています。 また、静岡県掛川市土方地区ブランド米「高天神こしひかり」作りに携わる事で地域との共生を目指し、豊かな地域社会の実現に貢献していきます。

2014年活動内容

2014年お米作りプロジェクトスタート

第1回 草刈り
5月17日

田植えから約1か月が経過し、田んぼ周りの草刈りをスタッフ9名で実施しました。植えた苗は少し成長し、しっかりと根を張っているようでした。水田でよく見かけるシラサギが数羽、トリンプの田んぼ周辺を優美に飛んでいました。
 
 
田植え
4月19日

昨年同様、気温が上がらず厚い雲が立ち込める天候となりましたが、スタッフとそのご家族43名と近隣の大学生7名が参加していただき、総勢50名で田植えを行いました。「難しい!」という声があがりながらも、だいぶ慣れた手つきでまっすぐきれいに植えることができました。

 
 

2013年活動内容

抜穂祭
9月5日

台風一過の早朝、まだ雨が残り天候が心配される中、高天神コシヒカリ生産者グループ、JA遠州夢咲土方支店、掛川市関係者、地元の方々など、総勢28名の方にご参加いただき、神式に則った抜穂祭が執り行われました。厳粛きわまる雰囲気に包まれ、稲から稲穂を抜き取る抜(ぬい)穂(ぼ)の儀、そして鎌で刈り取る収穫(とりおさめ)の儀がスタッフにより遂行されました。収穫したお米は関係者の代表と共に伊勢神宮へ奉納してまいりました。

  


第4回 草刈り
9月3日

抜穂祭を2日後に控え、スタッフ23名で田んぼの草刈を実施しました。稲を掻き分けながらの草刈りに悪戦苦闘しつつ、たわわに実った稲に秋の訪れを肌で感じることができました。
また下校中の小学生から元気な挨拶をもらい、気持ちよく草刈りができました。



スタッフ向け 稲刈り
8月31日

高天神コシヒカリ生産者グループや地域の方々など、総勢38名にご参加いただきました。生産者グループのご指導の下、鎌で刈り、藁を利用して束ねていきます。ひと通り刈り終わったところで、大きな稲刈り機が登場!鎌刈りと機械刈りの違いが実感できました。できあがったお米は活動にご協力いただいた方々やお取引先様へ贈呈されます。

 


第3回 草刈り
8月9日

先日設置した案山子達が見守る中、スタッフ23名が3回目となる草刈りを実施しました。田植えから3ヶ月余、稲はすでに黄金色の穂を実らせており、成長の速さに感動しました。非常に気温が高く暑い日でしたが、草刈りの終わった田んぼには気持ちの良い風が吹き抜けていました。


案山子作り
7月20日

鳥や動物たちから稲穂を守るための案山子作りを実施し、スタッフ、高天神コシヒカリ生産者グループや地域の方など総勢45名が参加しました。6グループに分かれ、静岡センターで廃棄される資源をリユースし、ユーモア溢れるこだわりの案山子が仕上がり、田んぼに設置しました。





第2回 草刈り
6月27日

先月に引き続き、スタッフ7名が田んぼ周りの草刈りを実施しました。田植えをして約2ヶ月で、稲がとても大きく成長しており感動しました。カエルやバッタ、蛇を発見し田んぼは生き物たちの生活の場となっているようです。

 


第1回 草刈り
5月28日

スタッフ11名が集まり、田んぼの草刈りを実施しました。使用する道具は草刈り機・鎌・熊手です。危険を伴う草刈り機の使用に緊張しながらも、細かい箇所は鎌で刈り、熊手で刈った草を片付けました。おたまじゃくしやアメンボなどの生き物を発見し、自然と触れ合う事ができました。

 


御田植祭
4月25日

神式に則った厳粛きわまる古式の御田植祭が執り行われ、高天神コシヒカリ生産者グループ、掛川市関係者、JA遠州夢咲土方支店、土方小学校の子供達、お取引先様など含む、
総勢80名の方にご参加いただきました。農家さんにご指導頂きながら、歓声上がるにぎやかな田植えを体験できました。
植えた場所にはネームプレートを付け、9月の稲刈りまで成長を見守ります。

   


田植え
4月20日

気温12℃という寒さにも関わらず、高天神コシヒカリ生産者グループや地域の方など総勢56名にご参加いただきました。初めて裸足で田んぼに入る感覚に歓声の声があがり、バランスをとるのに悪戦苦闘する姿が見受けられました。みなさん自分で植えた田んぼの出来栄えに満足気で貴重な体験が出来たと充実感に満ち溢れた1日となりました。

 

Site-Info