Accessibility
Skip to Content

自社工場における社会的コンプライアンス

Triumphではその125年の歴史において、社員に対する責任を最も重要としてきた伝統があります。企業ミッションにおいても述べているように、私たちは社員こそが最大の資産であると考えています。そのため、Triumphは常にその社員が公正かつ安全な労働環境で働けるよう、尽力してきました。

工場で遵守しなければならない原則および要件は、Triumph Code of Conduct(トリンプ行動規範)およびBusiness Social Compliance Initiative (BSCI) Code of ConductBSCI行動規範)に定められています。

これらは:

●結社の自由および団体交渉の権利

差別の禁止

補償について

労働時間について

職場の健康と安全

児童労働の禁止

強制労働の禁止および懲戒処分について

環境および安全について

マネジメントシステムについて

および、国際労働機関の中核条約に基づいています。現地の法律や規制を遵守することもまた、重要な要件であり、標準の習慣です。

工場のシニアマネジメントはすべてのレベルにおいて、私たちの規範が遵守されていることについて責任があります。
Triumphのグローバルマネジメントは、Corporate Social ResponsibilityCorporate Engineering and Safety Department同様、現場での努力をサポートし、監視しています。
現地および中央の双方にとってよいマネジメントシステムは、
共通の理解、コントロール、分析、システム改善や交流、相互学習を可能にします。
独立した外部監査を通じ、パフォーマンスが社会的コンプライアンスに沿っているかどうかが定期的に審査されています。
不適合が発見された場合はただちに是正されています。

私たちの工場では、いかなる時においても完全に準拠することが目標です。 

Site-Info