Accessibility
Skip to Content

「シェイパーショーツ」新発売

~しめつけ、きゅうくつ、さようなら~
『シェイパーショーツ』
ガードル史上最薄の身生地で、しめつけ、苦しさから解放しつつ、
おなかやヒップはしっかりコントールする新アイテム
2011年7月14日(木) 新発売



トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都大田区平和島6-1-1、代表取締役社長: 土居健人、資本金:26億円)では、ガードル未使用者の多くが抱くガードルへの不満「きゅうくつそう・苦しそうだから」に着目し、トリンプのガードル史上最も薄い身生地を採用し、しめつけやきゅうくつ感を解消しながらおなかやヒップをコントロールする新アイテム『シェイパーショーツ』を、2011年7月14日(木)より、全国のトリンプ製品取扱店にて発売します。


20~50代の5割以上がガードルをはかないと回答
はかない理由は幅広い世代で「きゅうくつそう、または苦しそうだから」がトップ

トリンプが2010年5月、20~50代の女性を対象に行ったアンケート調査によると、全体の58%がガードルをはかないと回答しています。特に20代、30代など若い世代でその傾向が高くみられました。そこでガードルをはかない理由を聞いたところ、「きゅうくつそう、または苦しそうだから」が58%と過半数が回答。またこの理由は、各世代すべてで1位となっていて、ガードルの最大の不満点は、しめつけ感やきゅうくつ感であることがわかりました。
そこでトリンプでは、この最大の不満要素を解消する新しいボトム『シェイパーショーツ』を開発しました。


しめつけず、きゅうくつ感を解消し、1枚ばきも可能
ガードルでも、ショーツでもない新しいボディラインコントロールアイテム!

『シェイパーショーツ』のために、これまでのトリンプのガードルの中で最薄の身生地に特殊な加工を施した素材を開発。サポート力はありながら、薄くて軽い身生地を採用することで、しめつけず、きゅうくつ感を解消しました。
特殊な加工を施し、1枚の生地の中でパワーの強弱をつけ、裏打なしでおなか押さえ&ヒップアップを実現。また、マチ付きなので1枚ばきも可能、ショーツとガードルを2枚はく面倒くささや重ねばきによるきゅうくつ感からも解放します。
また、『シェイパーショーツ』は、ガードルを普段はかない人でも気軽に挑戦しやすいよう、通常のガードルよりも低価格の4,200円で発売。補整力のあるボトムが欲しいけど、きゅうくつなガードルははきたくない人や、補整下着を着てみたいけど、価格が高いのでトライアルしにくいと思っている女性におすすめの商品です。


『シェイパーショーツ』 商品概要 2011年7月14日(木) 発売

①特殊な加工を施すことで、裏打なしの薄い身生地でも、おなかを押さえ、ヒップアップを実現
②ウエストは折り返し仕様でくいこみにくい
③マチ付きなので、1枚ばきができ、サポートショーツ感覚で着用可能
④脚口は切りっぱなし仕様でアウターにひびきにくい

サイズ 税込価格 カラー
58、64、
70、76
¥4,200 ラベンダー
ピンク
クリーム
ペパーミント
ブラウン
ブラック

同時発売のバストの角度を上げる「凛々ブラ」とカラーコーディネートも可能です。

Site-Info