Accessibility
Skip to Content

薄い!軽い!あたたかい!「スキニック ホット」新発売

寒さと戦う女性のための秋冬向けインナー“戦うインナー”から
薄い!軽い!あたたかい!

『スキニック ホット』  2008年9月11日(木)新発売

トリンプで最薄・最軽量素材&遠赤外線放射素材!
エコテックス認証素材で安心・安全




トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都大田区平和島6-1-1、代表取締役社長:クリスチャン・トーマ、資本金:26億円)では、厳しい冬の寒さや肌環境に立ち向かう女性たちに向けて、“戦うインナー”という強いメッセージ性のあるコンセプトのもとで、2008年秋冬向けに3つのインナーグループとして、防寒インナーの『あっため係』、アウターへのひびきにくさを追求した『スキニック』、補整機能のある『スリムシェイパー』を展開します。
その『スキニック』グループより、アウターへのひびきにくさにプラスしてあたたかさを追求した新シリーズ『スキニック ホット』を、2008年9月11日(木)より全国のトリンプ製品取扱店舗で新発売します。『スキニック ホット』は身生地に薄くて軽く、天然鉱石を練り込んだ遠赤外線を放射する新素材を採用。さらに裾、袖口、足口はぬい目のないヘム仕様なのでアウターにひびきにくく、軽い着ごこちです。また繊維製品に対する国際的な安全基準「エコテックス」認証を取得した素材を採用しています。


秋冬インナーに求められるのは「あたたかさ」だけじゃない
アウターファッションにひびかない「薄さ」「軽さ」「着ごこちのよさ」も重要


トリンプが実施したホームページアンケートによると、秋冬インナーの機能として最も求めることは「保温性」や「アウターにひびきにくい」こと。着用時に気になることは「静電気」「アウターにひびく」こと。具体的に欲しい機能や特徴としては、「遠赤外線による保温性」「薄さ」などの要望が挙げられています。現代女性にとって、あたたかいだけの秋冬インナーでは物足りない。アウターにラインがひびかない薄さ、着ごこちがよく肌にチクチクしない素材など、もっと安心して着こなせる要素が重要なのです。そこでトリンプではアウターへのひびきにくさを追求したグループ『スキニック』に、あたたかさと着ごこちのよさを追求した新シリーズ『スキニック ホット』を追加しました。

2007年7月および12月実施より抜粋
秋冬インナーの機能として、最も求めることは何ですか?

1位
保温性
55.7%
2位
アウターにひびきにくい
23.8%
3位
肌ざわり
16.5%

着用した時、気になることは何ですか?(複数回答)
1位
静電気
60.8%
2位
アウターにひびく
51.7%
3位
アウターから見える
38.8%

どんな素材・機能のインナーが欲しいですか?(複数回答)
1位
遠赤外線を放射するなど繊維自体に保温性があるもの
68.0%
2位
薄手でアウターにひびきにくい素材
60.1%
3位
衣服内の温度を調節できる素材
51.8%


アウターにひびきにくいだけでなく、あたたかい「スキニック ホット」登場!
トリンプ最薄・最軽量&遠赤外線放射素材で、薄さ、軽さ、あたたかさUP!

『スキニック ホット』は、海底火山によって生まれた天然鉱石数種を超微粒化して繊維に練り込んだ遠赤外線放射素材を使用。さらにトリンプ製品の中で最薄、最軽量の身生地を使うことで着ごこちもぐっと軽くなりました。身生地が薄く、裾、袖口、足口はぬい目のないヘム仕様なので、アウターにひびきにくく、フィット感も抜群。吸湿発熱性にも優れているので、ムレも防ぎ、肌あたりサラサラ感を保ちます。また制電加工も施しているので、着脱時の静電気による不快感を軽減する、肌あたりのやさしいインナーです。

「エコテックス」認証素材を使用
『スキニック ホット』に使用されている素材は、全て、繊維製品に対する国際的な安全基準「エコテックス」認証を取得しています。


『スキニック ホット』商品概要 2008年9月11日(木)発売
アイテム サイズ 税込価格 カラー 特長
トップ
M、L
¥3,465
ブラック
ベージュ
ブラウン
レッド
・身生地には海底火山によって生まれた天然鉱石数種を超微粒化して繊維に練り込んだ遠赤外線放射素材を採用
・裾、袖口、足口はぬい目のないヘム仕様で身生地も薄く、アウターにひびきにくい(TOPについては袖口折り返し仕様)
・トリンプ製品の中で最も生地が薄く最軽量なので軽い着ごこち
・制電加工を施し、静電気による不快感を軽減
・吸湿発熱性に優れた素材を使用
3分袖トップ
¥3,780
7分袖トップ
¥3,990
3分丈ボトム
¥3,150

Site-Info