Accessibility
Skip to Content

「さらり気冷」新発売

綿100%で接触冷感を実現した
春夏向けインナー
『さらり気冷(きれい)』
2012年3月1日(木)新発売

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区築地5-6-4、代表取締役社長:土居健人、資本金:26億円)では、2012年春夏向けインナーとして、人気の高い綿100%で接触冷感を実現した『さらり気冷(きれい)』を、2012年3月1日(木)より全国のトリンプ製品取扱店にて発売します。

トリンプでは、特殊加工を施した毛羽立ちの少ない糸を使い、独自の技術により凹凸の少ないオリジナル生地を開発。糸と生地の編み方の高い技術力により、綿100%でありながら、着用した瞬間にひんやりとする接触冷感を実現したインナー『さらり気冷(きれい)』を完成させました。また、速乾性にも優れているので綿素材にこだわる方におすすめの春夏インナーです。
アイテムは袖なしトップの他、3分袖トップ、3分丈ボトムを取り揃えています。

『さらり気冷(きれい)』商品概要 2012年3月1日新発売

*展開カラーはアイテムによって異なります

【 生地の比較 (顕微鏡画像) 】

【 接触冷感実証 】

接触冷感は、素材の熱伝導性能が高く、素材が接触したものの温度を奪うことで冷たく感じること。そこで、『さらり気冷』の熱伝導性の高さを実証するために下記実験を行いました。

実験方法:体温と同じ36℃のぬるま湯を入れたガラス容器の表面に『さらり気冷』の生地と通常の綿100%の生地を貼り付けサーモビジョンで生地の温度変化を測定、定常状態になったところを撮影。

Site-Info