Accessibility
Skip to Content

My Glow デビュー

~ 心地いいをうつくしいへ ~
トリンプブランドで本格的に
ノンワイヤーブラジャーカテゴリーに参入
2018年10月3日(水)デビュー


“一人ひとりの自信を高める会社”トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:ヴァンサン・ネリアス)では、新たなトレンドを生み出すネオノンワイヤー『My Glowマイ グロー)』を、2018年10月3日より順次発売します。


2017年は市場の売上枚数ベースで、はじめてノンワイヤーブラジャーがワイヤーブラジャーを上回るなど、ノンワイヤーブラジャーのニーズはますます高まっています。(※1)トリンプのホームページ調査(※2)で「ノンワイヤーブラジャーを何枚持っているか?」をたずねたところ、平均で2.5枚を所有、ノンワイヤーブラジャーの所有率は75.4%と、4人に3人は所有しているという結果になりました。

※1 出典:インテージSLI 女性下着ブラジャー市場
2017年1月~12月 / 15-69歳日本人女性 N=40,060
※2 出典:トリンプHP調査 2017年11月 / 年齢不問 / N=1,323



こうした市場の背景を受けて、トリンプブランドでは従来の『天使のブラ』『恋するブラ』といったシリーズに並ぶメインシリーズとして、初めてノンワイヤーの『My Glow』を発売することとなりました。

従来のノンワイヤーブラジャーはカジュアルなデザインのものが多く、バストシルエットを求めるよりも締めつけからの解放を求める方が多かったようですが、『My Glow』はラクと女性らしさを両立したノンワイヤーブラジャー、“NEO NON WIRE(ネオノンワイヤー)です。

大きなバラモチーフの華やかなレースをジャカード生地と組み合わせたスタイリッシュなデザインのノンワイヤーブラジャー(P)と、繊細な透け感のある編レースを背中に使用した贅沢なデザインのハーフトップブラ(N-TOP)2種類を展開します。

カラーは店頭で6色を展開予定。年間を通して発売予定のベーシックカラー2色(ブラック、アイボリー)、シーズナルカラー2色(ラベンダー、モカ)、またスポットカラーとして2色(ボルドー、グリーン)の計6色を展開。12月上旬にはスポットカラーとして、クリスマスシーズンを意識した新色2色(ローズ、ブルーグレー)を発売し、新たなカラーの追加によりリピート顧客の獲得を狙っていきます。
(N-TOPはベーシックカラー2色のみ)


NEW SERIES
TR480シリーズ 2018年10月3日より順次発売

<特長>
・女性らしさを楽しめるデザイン
・ノンワイヤーだけど美しくバストをメイク
・ワイヤーのアタリが気にならずに快適
・特殊なサイズ展開でぴったりフィット


<ノンワイヤーブラジャー(P)デザイン・カラー>
大きなバラモチーフの華やかなレースをジャカード生地と組み合わせたスタイリッシュなデザイン。
カラーは秋を感じさせる深みのあるボルドーとグリーン、レースの透け感が引き立つ定番カラーのブラック、アイボリー、そして柔らかな色味のラベンダー、シックなモカの6色を10月3日より展開。12月上旬にはクリスマスシーズンを意識した華やかなローズと落ち着いたブルーグレーが登場します。 

 


<ハーフトップブラ(N-TOP)デザイン・カラー>
繊細な透け感のある編レースを背中に使用した贅沢なデザイン。
<ヒップハンガー>

商品概要
<アイテム>
ノンワイヤーブラジャー(P)、ハーフトップブラ(N-TOP)、ヒップハンガー

<サイズ>
P:M1、M2、L1、L2*
*対応サイズ
M1: B65、B70、C65、C70 M2:D65、D70、E65、E70、F65、F70
L1: B75、B80、C75、C80、D75 L2:D80、E75、E80、F75、F80
N-TOP:M、L  ヒップハンガー:M、L

<価 格>
P:¥3,900(4,212)、 N-TOP: ¥3,900(4,212)、
ヒップハンガー:¥2,300(2,484)

<カラー>
P/ヒップハンガー:ボルドー、グリーン、ブラック、アイボリー、ラベンダー、モカ
【12/上旬新色】ローズ、ブルーグレー
N-TOP:ブラック、アイボリー
※展開カラー・サイズは取扱い店舗によって異なります。
※( )は税込み価格です



トリンプ・インターナショナルの歩み
ドイツの小さなコルセット製造所から、世界有数のランジェリーメーカーへ。
日本女性にとって、下着がたった1枚の腰巻だった頃。コルセット職人ヨハン・ゴットフリート・シュピースホーファーと商人ミヒャエル・ブラウンが西ドイツのホイバッハにコルセット製造所「シュピスホーファー&ブラウン社」を設立しました。6台のミシンと6人の女性縫製工員だけの小さな町工場、それがトリンプの出発点です。
第一次世界大戦が終結するとコルセットからブラジャーへと下着の大転換が起こり、シュピスホーファー&ブラウン社もブラジャーの製造を開始します。1953年、「トリンプ・インターナショナル」に社名変更したことを皮切りに、ヨーロッパ各国に次々と支社を設立し、インターナショナルブランドとしての挑戦がはじまります。


1956年、世界初のランジェリーファッションショーを行ったのはトリンプでした。1959 年にベルリンのヒルトンホテルで行われたショーでは、過去最大となる16 カ国・約200 名のジャーナリストが集まり、ファッション業界に衝撃を与えました。
1960年代に入るとコルセット製造の経験と専門知識を活かし、近代的な女性達のニーズにさらに応えます。1964年には締め付け感から開放されたストレッチ素材のブラジャー、1967年にはランジェリーメーカーとしては初のカップに縫い目のないブラジャー『シームレスカップブラ』を発売。トリンプは常に女性達とともに進化し続けます。



日本においては1964年10月10日に「インターナショナル・ファウンデーション・アンド・ガーメント株式会社(現・トリンプ・インターナショナル・ジャパン)」を設立、以来ランジェリーを通じて日本人女性をサポートしてきました。

THE MAKERS OF LINGERIE SINCE 1886
1886年の創業から130年以上にわたり、トリンプは「女性の美しいシルエット」を仕立て続け、女性たちが自信を高め、美しく前向きな毎日を過ごすためのお手伝いをしてきました。
トリンプはこれからも女性たちが自信を高め、お互いに勇気を与え合えるようサポートしていきます。

Content navigation

Site-Info