Accessibility
Skip to Content

<AMOSTYLE BY Triumph>年末年始の下着に関するアンケート調査結果

ミレニアル世代に聞いた年末年始の下着事情
47.5%の人が
新年・お正月に新しい下着を着けたいと回答!

令和元年で卒業したいことの1位は、のびきった下着を着け続ける



トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区築地5-6-4、代表取締役社長:ヴァンサン・ネリアス)の直営店「AMOSTYLE BY Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)以下 アモスタイル」は、2019年11月、年末年始の下着に関するアンケート調査を実施しました。
(調査概要:2019年11月実施/全国の18歳~35歳の女性600名/有効回答数計 600名)


本リリースのポイント
年末年始の断捨離や買い替えなど、下着についてアンケート調査を実施。

■令和元年中に卒業したいことを聞いたところ、1位は約半数が「のびきった下着を着け続ける」(46.5%)。 2位は「ラクさ重視で選んでしまう」(37.2%)

■今年の年末に断捨離をしたいものは、服に次いで2番目に多い、約4割が下着と回答。

■年始に向けて新しくしたいものは、約半数が「下着」をあげ、定番の手帳を抜いて1位となった。

■お正月に新しい下着を着けたい女性は47.5%。 その理由の1位は「気持ちを新たにしたいから」(62.8%)。

■新・迎春カラーは白!?令和初のお正月は、白い下着で過ごしたい人が25%。



令和元年中に卒業したいことを聞いたところ、
1位は約半数が「のびきった下着を着け続ける」(46.5%)。
2位は「ラクさ重視で選んでしまう」(37.2%)



「下着にまつわることで令和元年中に卒業したいこと」を聞いたところ、約半数の46.5%が「のびきった下着を着け続ける」と回答。ついで「ラクさ重視で選んでしまう」が37.2%で2位となった。
その他には、「ブラジャーをしたまま寝ること」や「型崩れしないような干し方に変えたい」といった回答もあり、下着にも気を配っていきたい意識がうかがえる結果となった。



今年の年末に断捨離をしたいものは、
服に次いで2番目に多い、約4割が下着と回答



「今年の年末に断捨離したいものはありますか」と聞いたところ、最も多かったのは服(62.8%)となり、次に多かったのは下着(38.5%)、次いで靴(27.5%)、タオル(24.3%)となった。
約4割の人が年末に下着の整理や買い替えを検討していることがわかった。



年始に向けて新しくしたいものは、
約半数が「下着」をあげ、定番の「手帳」を抜いて1位に



「年始に向けて新しくしたいもの」を聞いたところ、定番とも思える手帳(30.5%)を抜いて、約半数の人が下着(47.5%)と答える結果になった。
新年に向け新調するアイテムと言えば、手帳は欠かせないものと思われがちだが、ミレニアル世代にとって、スケジュールはアプリなどで管理するので、手帳に代わり下着が新定番になるのかもしれない。

お正月に新しい下着を着けたい女性は47.5%.
その理由の1位は「気持ちを新たにしたいから」(62.8%)


「新年・お正月には新しい下着を着けたいと思うか」を聞いたところ、約半数にあたる47.5%の人が「そう思う、どちらかというとそう思う」と答えた。
その理由について聞いたところ、62.8%の人が「気持ちを新たにしたいから」と答えた。
新年には下着も新しいものを着けることで、気持ちをリセットしてスタートさせたい人が多いようだ。

新・迎春カラーは白!?令和初のお正月は、
白い下着で過ごしたい人が25%


「お正月に着けたい下着の色」を聞いたところ、1位は白(25%)、2位黒(19.2%)、3位ピンク(17.5%)と、この3色が全体の6割以上を占める結果となった。

Content navigation

Site-Info