Accessibility
Skip to Content

「トリンプ・ブラジャー回収キャンペーン」結果報告

「トリンプ・ブラジャー回収キャンペーン」結果報告
35,221枚の不要になったブラジャーを回収!


トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都大田区平和島6-1-1、代表取締役社長:クリスチャン・トーマ、資本金:26億円)では、6月25日(木)~7月15日(水)の期間限定で『トリンプ』商品取扱店舗(百貨店・量販店・専門店など)合計476店舗にて、「トリンプ・ブラジャー回収キャンペーン」を実施。多くのお客様に不要なブラジャーをご持参いただき、総計8,514袋、35,221枚を回収。合計1,850kg分の固形燃料へのリサイクルが実現しました。

「トリンプ・ブラジャー回収キャンペーン」は、不要になったブラジャーを店頭にて回収するサービスキャンペーン。お客様から多く寄せられていた、“どう処分したらいいかわからない”、“捨てた後、もし盗まれてしまったら・・・“といった不要になったブラジャーの処分に関する問題に応え、さらに地球環境へ配慮したリサイクル活動として実施しました。人に見られたくないというお客様の気持ちに配慮し専用袋を配布し、トリンプ製品に限らずどのメーカーのブラジャーでも回収。回収したブラジャーから金属を除いた部分を固形燃料(RPF*)にリサイクルし資源として活用しました。

*RPF :一定形状で密度の高い産業用固形燃料。発熱量換算で石炭よりも環境規制物質が少なく
安価のため、化石燃料の代替としてCO2削減など地球温暖化防止に寄与します。

さらに本キャンペーンでは、下着を通じて女性のライフスタイルをより楽しく豊かにしたいと願うトリンプの企業理念を反映し、お預かりしたブラジャー1枚につき50円を、子育て女性の就労と生活を支援する団体「NPO法人Wink(ウィンク)」の活動支援への寄付も展開。合計1,761,050円を寄付する予定です。

この結果を受け、トリンプでは、今後もお客様やお取引先様のご要望に応じて、定期的な店舗サービスとして展開することも検討したいと考えています。


「トリンプ・ブラジャー回収キャンペーン」 結果

※「NPO法人 Wink(ウィンク)」
子どもの健全育成を目的とし、家庭及び地域に関する諸問題の解決、男女共同参画社会の形成を目指し、「大人世代の責任の全う」をスローガンとして各種相談事業や情報提供、就労支援事業、生活に困窮している女性への住宅支援等を行っています。

Content navigation

Site-Info